病院のベッド

難病も治す方法

治療器具を持つ人

免疫治療とは、癌など完治が難しいとされる病気も改善させる効果があると言われている新しい治療法になります。本来の免疫力を活用して病気に対抗するので副作用や体への負担が少なく、日常の工夫で更に免疫力を高めることが出来ると言われています。

この記事の続きを読む

衛生状態を保つ検査

院内

かつて寄生虫の駆除を目的として行なわれた検便検査は、現在では大腸がんの早期発見のために役立っています。またノロウイルスや病原性大腸菌の感染を予防し、食品事業や介護事業の衛生を保つためにも重要な検査です。

この記事の続きを読む

子供に多い症状

病院

自律神経失調症は、小学校高学年から中学生に起こりやすい病気です。この病気は、自律神経のバランスが崩れる事で体に異常が起こります。たとえば、めまい、立ちくらみ、冷や汗、便秘、下痢などの症状です。早期治療のためには、すぐに専門医に診てもらう事が大事です。

この記事の続きを読む

検査での新しいアプローチ

医療機器

異変についていち早く気づくことが肝心になります。心臓ドックを受けるならココの医院にしておこう。丁寧にチェックしてくれますよ。

方法の特徴と利点

現代では様々な視点から、カラダの健康を維持する方法の開発や提唱が進められています。その中で特に早期発見が重要な1例とされる心臓の疾患に対しての新しい方法として、心臓ドックと呼ばれる方法が注目されています。心臓ドックとは心臓に対する人間ドックと言えるモノで、様々な解析法を使って心臓の状態を把握する検査全般を指した言葉となっています。具体的にはCTやMRIといった画像診断を行い、突然死に繋がりやすい心臓の血管をチェックする狙いが主とされます。これら心臓の血管における動脈硬化などの異常は、自覚症状が現れにくい上に心電図やレントゲンといった基本的な画像診断では見分けにくい面があります。そのため心臓ドックの受診で、未然に防ぐ事が求められています。

検査方法に関する注意

こうした心臓ドックは現在、より効果を上げるための改良や工夫が続けられていると言われています。一般的に検査内容では、画像撮影や心電図、血圧などの心臓に関する一連の項目の他、尿検査なども含めて幅広い視点からの診断がなされます。その中で注意する事柄の第1に、現状の健康状態を加味する必要性が挙げられます。具体例を挙げると、CT検査では元々心臓に不安のある人や、その他の組織での異常や疾患に該当する人、妊婦の方などは受けられないケースがあります。また薬を服用中の人は、検査より前の、早い時間で服用したり、薬の説明書を提出したりする事も求められます。その他、検査当日の体調が優れない場合等は、実施を見送るケースもあるとされるため、万全に近い体調で励む事が必要となっています。